動画をスキップする
マニュファクチュール<br>ロジェ・デュブイ

マニュファクチュール
ロジェ・デュブイ

2001年に完成したこのガラス張りのモダンな社屋は、中で作られるタイムピースを象徴しています。大胆で自信に満ちた外装に包まれた複雑で洗練されたメカニズムです。

大胆で果敢、洗練された技術

スイスのマニュファクチュール・ロジェ・デュブイは伝統を尊重しながら革新を進める大胆な精神に満ちています。1995年の創立以来、ロジェ・デュブイは常に技術への限界に挑戦し、いかなる時計メーカーも踏み込むことのなかった未開の地を開拓し続けています。

あふれるデザイン感覚

ロジェ・デュブイの時計は技術的な制約を乗り越え、既存概念をくつがえす才覚溢れる情熱的なデザインが展開されています。素材、フォルム、色、エレメントのそれぞれが、金糸が編み込まれるようにアバンギャルドな感性のタペストリーを織りなします。

完全自社一貫生産のマニュファクチュール

洗練された時計づくりを進めるマニュファクチュール・ロジェ・デュブイでは、その熟練技術を最大限に表現することができるよう、全てのスキルを集めた体制を整えています。最新のテクノロジーと伝統のクラフツマンシップを融合させた時計づくりを進めるマニュファクチュールは、全ての経験とスキルを動員し熟練を感じさせる表現を展開します。

復元が使命となる時

希少な時計づくりの遺産を守り、新たに息づかせるため、マニュファクチュール・ロジェ・デュブイはオマージュ コレクションのためのユニークな復元プロジェクトを新たにスタートさせました。ミレジム特別エディションのモデルはアンティークムーブメントのエボーシュを用い、21世紀のジュネーブ・シールの保証する品質レベルに復元したもので、一つまたは複数の洗練されたコンプリケーションを含んでいます。このモデルはフラッグシップ店のオープニングを記念して発表し、ブティック限定として販売されます。

コンプリケーションを熟知する

ロジェ・デュブイのキャリバーは時計づくりの複雑性をあらゆる角度からカバーし、革新的な方法で珍しい機能を追加します。マニュファクチュールの持つ熟練技術を駆使し、時間の計測という永遠の課題に対し、より洗練された新たなバリエーションを自由に創造します。

研究&開発

マニュファクチュール・ロジェ・デュブイを知る人は、ロジェ・デュブイが時計愛好家に好まれるのは、その研究開発への継続した大きな投資の成果によるものであることを知っています。同社の研究開発部門は常に時計づくりの技術の限界を推し進め、シリコンやダイヤモンドセットラバーを始めとする革新的な素材の使い方や組み合わせに見られる技術的進歩をベースとした最新の開発を進めています。

世界の全てが舞台に

ドラマチックな舞台演出はロジェ・デュブイにとって、物語や夢の世界 、本物の価値を表現するための強いインスピレーションに満ちた創造の場です。このアプローチはトレードフェア、ブティック、VIPディナーなどの機会にも実施され、五感に訴える忘れがたい体験を分かち合う驚きの世界を演出します。

このウォッチをシェアする
このニュースをシェアする
ひんぱんな検索
コンシエルジュに連絡する
コールバックをもらう
予約をとる
ブティックを探す
280 queries in 2.424 seconds.