ロジェ・デュブイ&企業の社会責任

ロジェ・デュブイ&企業の社会責任

エクスクルーシブで素晴らしいだけではなく倫理的、社会的、環境的に責任ある驚くべきクリエーションをお客様に提供することが当マニュファクチュールの義務であると考えます。

環境と社会的責任へのコミットメント

ロジェ・デュブイは長期的ビジョンに基づいた企業責任を実行します。お客様に驚くべきクリエーションを提供し、これらのクリエーションは希少な素晴らしいものであるだけでなくその製造に倫理的、社会的、環境的な責任を持つことを義務としてます。責任ある行動をとり、それを日々の仕事の中で実現し、お客様の期待に応え、高い競合力を目指します。従業員に快適な環境を提供し、パートナー企業とコミュニティを大切にし、環境問題に配慮し、長期的なビジョンで企業の存続と成功を目指します。

ジャン=マルク・ポントルエ、
ロジェ・デュブイのCEO

⎡企業責任と社会的配慮はロジェ・デュブイの一人一人の従業員の意識とコミットメントを必要とします。当社が立地しているコミュニティを尊重し、環境に深く配慮することは当社の歩む道の重要な指標となります⎦

リスポンシブル・ジュエリー・カウンシルの認証メンバー

リスポンシブル・ジュエリー・カウンシルは2005年に設立された規格と認証の非営利団体で、ゴールドとダイヤモンドの採掘から小売までサプライチェーン全体において人権を尊重し、倫理的、社会的な責任ある行動を促進することを目的としています。ロジェ・デュブイはRJCのメンバー450社の一つとして2014年に認証を受けました。

ロジェ・デュブイとキンバリープロセス認証システム

キンバリープロセスは軍事行動の資金を得る⎡紛争ダイヤモンド⎦の使用を避けるためのダイヤモンド原石の国際認証の枠組みです。PKシステムの認証は世界80カ国で国内法に取り入れられており法的拘束力があります。これらの国の製造者、加工者、輸出入者はダイヤモンドが紛争と無関係であることを証明する政府の発行したキンバリー証明書なしでは取引ができません。ロジェ・デュブイはこの枠組みを尊重する業者とのみ取引し、正当なルートのダイヤモンドのみを使用しています。

ミャンマーからの輸出貴石をボイコット

貴石については現在国際的な規格はありませんが、2007年に国際社会はミャンマーを厳しく糾弾し、ルビー、サファイア、ジェードを始めとするミャンマーからの貴石の輸入ボイコットをジュエリー産業に呼びかけました。ロジェ・デュブイもボイコットに参加し2007年以降、ミャンマーからは全く輸入していません。

シェアする行動規範

ロジェ・デュブイは誠実で一体性のある企業行動を約束します。この理由からサプライヤーにも当社のビジネスの基礎となる行動規範書を通じて約束をしてもらいます。当社とパートナー企業(サプライヤー、コントラクター、重要パートナー) の関係は誠実で相互にメリットのある公正取引行動をベースとし、当社の商品とサービスの質を向上させるべきものとします。

レザーストラップ

ロジェ・デュブイは熱帯動物のレザーをレザーストラップに使用しています。これらは絶滅の危機にある動植物の種に関する国際協約(CITES)により取引が規制されています。この協約の目的は、 野生動物と植物の取引がその種の絶滅の危機を招くことがないよう規制することで、そのために証明書のシステムが設けられています。レザーの輸出、輸入、再輸出の際には、最初の輸出国が発行した証明書が添付されていなければなりません。ロジェ・デュブイではこの協約はアリゲーターストラップに適用されています。

IOSWとのパートナーシップ

ラグジュアリーウォッチの市場が拡大し、熟練クラフツマンの需要が増えてきました。これに応えるためリシュモンにより2008年にスイス時計製造インスティテュートが設立されました。モチベーションのある人々がこの仕事につくためのトレーニングを受けています。ロジェ・デュブイはthe IOSWとパートナーシップを組み、貴重な機会としてこれを当社のトレーニング戦略に組み入れています。目標は国際レベルで高級時計づくりのノウハウと専門知識を開発し維持すること、それによりお客様に質の高いローカルサービスを提供することです。

このウォッチをシェアする
このニュースをシェアする
ひんぱんな検索
コンシエルジュに連絡する
コールバックをもらう
予約をとる
ブティックを探す
288 queries in 2.996 seconds.