ロジェ・デュブイ、次代のエクスカリバーイオンへの量子跳躍

ロジェ・デュブイ、次代のエクスカリバーイオンへの量子跳躍

01.16.2017

2017 SIHHでロジェ・デュブイは次代のエクスカリバーイオンへの量子跳躍を遂げ、デザインマグニチュードの余震が地球のあちこちでとどまることを知らない前代未聞のビジョンを繰り広げます。そして最速レーンを走るにふさわしい驚くべきワールドプレミア、ピレッリとの新たな提携がこのジュネーブのショーで発表されます。

SIHHを訪れるお客様には、印象的で象徴的な舞台演出でアピールされるロジェ・デュブイの世界、そこにあふれるエンジニアリングに満ちたバイブレーションをすぐに感じていただけることでしょう。気分を動揺させるかのような舞台は、既存の規約や常識をシャットアウトしバラバラに分断してから新たに組み立て直すという、マニュファクチュールの前衛的なビジュァルの解釈そのものを示しています。

ロジェ・デュブイの意外な素材とコンプリケーションに向かって進むスローガン“Dare to be Rare.”は、ブースを訪れるお客様の眼前に、継続するチャレンジとして示されます。土、水、空気、火:互いに燻し合い、焦げつくように相互作用しながら生まれる外観的、技術的なデザインパワーは、大地を揺るがすかのようなエクスカリバーの大噴火によりついに出現します。 噴火口、亀裂、沸騰するマグマ、非対称のフォルム、インタープレイを思わせるアストラルスケルトンのシグネチャー… 全てが構造的変換の到来を告げています。

ワールドプレミアとダイナミックな反復作用

時計づくりの大胆なアプローチと未開の分野を切り開くブランドの姿勢は、性能第一の工業的アプローチによる“変遷するコンプリケーションと意外な素材”の組み合わせによって示されます。2017年の大胆な取り組みは、ピレッリとの提携により開発された、47ミリのエクスカリバー スパイダー ピレッリダブルフライングトゥールビヨンと、45ミリのエクスカリバー スパイダー ピレッリオートマティックスケルトンという二つの驚異的な“プレッリ”エクスカリバーモデルに集約されます。

エクスカリバー スパイダー ピレッリ – ダブルフライングトゥールビヨン

耐久性と信頼性を最大限に追求したこのモデルは、最速レーンで走る人生にぴったりです。頑丈な47ミリのブラックDLCチタンのスケルトンケースにブルー硫化ラバーでアクセントをつけ、チタン製クラウンと“コンテナ“をアピールしました。またメカニズムのファンの皆様には、上記のユニークな”ピレッリ“デザインをアピールし、ブルーのアストラルスケルトンのシグネチャーを備えた新しい手巻きキャリバーRD105SQをお楽しみいただくことができます。ロジェ・デュブイ ブティック限定の限定エディションのうち8個には、”お金で買えない“アドレナリン全開の体験、モータースポーツレースでピレッリが開催する2日間のVIPプログラムが加えられています。

エクスカリバー スパイダー ピレッリ - オートマティック スケルトン

頑丈な45ミリのスケルトンケース、ブラックDLCチタンのエレメントとコントラストをなすブルーのタッチは、キャリバーRD820SQの完璧なフレームです。167個の構成部品の表面は全て、高品質基準のジュネーブ・シールの規格に基づき、ていねいに手作業で仕上げられます。“ピレッリ”のシグネチャーとモータースポーツの勝利を象徴するハイオクタン タイムピースの限定88個を入手される幸運なお客様には、ローカルのピレッリイベントへのご招待も予定されています。

ワールドプレミアとダイナミックなラインには、エクスクルーシブなエクスカリバー スパイダー カーボン、進化を遂げるエクスカリバー クアトゥオール コバルト マイクロメルト®、目がさめるように美しい88個限定のエクスカリバー スパイダー オートマティック スケルトン ピンクゴールド、そしてブルーサファイアと美しいブラックチタンで装ったエクスカリバー エッセンシャル36オートマティックが登場します。

エクスカリバー スパイダー カーボン

28個限定のこの印象的な赤と黒のモデルでは、スパイダータイプのスケルトンケース、DLC加工のリューズとケースバック、“ コンテナ”の全てがチタン製です。さらに重要なのは、地板、ブリッジ、トゥールビヨンアッパーキャリッジの全てがカーボン製であるという初のムーブメントを搭載していることです。ロジェ・デュブイの‘Dare to be Rare’という挑戦に強くインスパイアされたこのような驚異的な成果は、スケルトンキャリバーという複雑な構造の中でT700 カーボンという耐久性に優れた素材を使用することにより、振動が少なく高い精度を保つというメリットとなって表れています。

エクスカリバー クアトゥオール コバルト マイクロメルト®

590個の部品で構成された進化するコンプリケーション、RD101クアトゥオール手巻きムーブメントは、4×4 Hz (振動数 115,200 vph)で4個のテンプ、5個のディファレンシャルを備えた進化ムーメントです。トゥールビヨンは 1分かけて時計の歩度に及ぼす重力の影響を補正しますが、RD101はこれを瞬時に行うという高速で効率的な性能を備えています。2017年にはさらにコバルトクロームという意外な素材バージョンで登場します。48ミリのケース、ベゼル、ケースバックとリューズは、世界の金属工業界でも0.1%しか使われていないマイクロメルト®というテクノロジーにより、高性能の合金コバルトクロームを加工し製造されています。

エクスカリバー スパイダー オートマティック スケルトン

コンテンポラリーなアウトドア派として、オートモビルにインスパイアされたロジェ・デュブイの“ テクニカルスケルトン”、88個限定のエクスカリバー スパイダー オートマティック スケルトンは、“コンテンポラリースケルトンのパイオニア”の才気に満ちた創造性を新鮮に表現しました。時計づくりのアートを、一種の現代美術のフォームにまで高めたといえるでしょう。

エクスカリバー36オートマティック

炎と氷を同時に表現するエクスカリバーエッセンシャル36 オートマティックは男性にも女性にもお使いいただけるミックスジェンダータイプで、希少な28 個の限定シリーズです。美しいブラックDLCチタンケースに48個のブルーサファイヤをセットしたベゼルを組み合わせています。

ダッシュの準備はいいですか?

このウォッチをシェアする
このニュースをシェアする
ひんぱんな検索
コンシエルジュに連絡する
コールバックをもらう
予約をとる
ブティックを探す
268 queries in 1.555 seconds.