閉じる

このページをメールでシェアする

*は必ずご記入ください。

このウェブサイトの表示には、 「Landscape」ブラウザが最適です。

タブレットを回転させてください。

フライングトゥールビヨン

ロジェ・デュブイはトゥールビヨンの開発を専門としており、同種の機構の中で最も洗練された魅力的なフライングトゥールビヨンを製造する 唯一のマニュファクチュールとなっています。その中でも最新のキャリバーRD580は、ダイヤル側にホワイトゴールド製マイクロローターを搭載した シングルプッシャー クロノグラフを組み合わせたフライングトゥールビヨンです。近代的な高級時計製造技術の限界を押し広げるロジェ・デュブイは、ディファレンシャル機構を使用したダブルフライングトゥールビヨン(RD01)の開発によってもさらに一歩先に踏み出しました。

ダブルフライングトゥールビヨン、ディファレンシャル機構、時針、分針

RD102

こうして生まれたRD102ムーブメントは手作業で仕上げた452個の部品により構成され、50時間のパワーリザーブを備えています。製造には1200時間を必要とし(そのうち360時間はジュネーブ・シールの基準を満たすための工程)、さらに6週間の厳しい検査を受けます。
戻る 次へ