ジュネーブ・シールをすべてのムーブメントに冠している唯一のマニュファクチュール。
高級時計製造における最高品質の証。
閉じる

このページをメールでシェアする

*は必ずご記入ください。

このウェブサイトの表示には、 「Landscape」ブラウザが最適です。

タブレットを回転させてください。

About Roger Dubuis

大胆、卓越、技術力

ロジェ・デュブイは単なるマニュファクチュールではありません。ブランドという概念を超越し、独自の世界を展開しています。他に並ぶもののない個性を求め、最高のクリエイティビティが発揮される世界。敢えて贅沢、また敢えてエレガントであることで高級時計の最高峰を目指すブランドです。

ロジェ・デュブイのイノベーションは、伝統とクラフトマンシップに対する尊敬の念から生まれています。ブランドの物語は、数々の輝かしい成功に彩られています。ロジェ・デュブイは才能溢れる優秀な時計職人ロジェ・デュブイ、そして独創的なデザイナーのカルロス・ディアスとのパートナーシップにより、1995年に誕生。そのダイナミックな魅力で、高級時計の世界で一躍、注目の的となりました。伝統的な時計製造技術とアバンギャルドなデザインが絶妙なバランスを描くロジェ・デュブイの時計は、瞬く間に人気を博しました。

ロジェ・デュブイの驚きの世界へようこそ

1995年に誕生したマニュファクチュール・ロジェ・デュブイでは、2012年に、ブランドの全チームが誇りとする新しいテーマを打ち出しました。

エレガントなプレイヤーを象徴する「モネガスク」、戦士の力強さを表現する「エクスカリバー」、現代のベンチャラーをテーマにした「パルジョン」、ディーバの洗練された美しさを象徴する「ベルベット」。この4つのコレクションは、限りないクリエイティビティから生まれるロジェ・デュブイの独創的な世界が反映されています。

ロジェ・デュブイは単に創造性と大胆さにあふれる時計を生み出すブランドではありません。何よりもまず、その全製品に最高品質の証であるジュネーブ・シールを取得している唯一のマニュファクチュールとしての権威を誇ります。
時計製造技術の伝統に根ざし、31の自社製ムーブメントの部品すべてに、時計職人の手作業による仕上げ・装飾が施されています。

ロジェ・デュブイの製品をお選びいただくことは、大胆に、恐れることなく堂々と自らの個性を主張するということです。

ロジェ・デュブイの驚きの世界をどうぞご覧ください!


ジャン=マルク・ポントルエ
ロジェ・デュブイCEO

パワフル、そして独創的なデザイン

美しいディテールを際立たせる高度な技術

美しいディテールを際立たせ、独創的なクリエイティビティから生まれる強烈なコンセプトを強調する ― ロジェ・デュブイではその技術力を駆使し、こうしたスピリットをひとつひとつのコレクションに反映させています。

「モネガスク」、「エクスカリバー」、「パルジョン」、「ベルベット」といったコレクションは、すべてが豊かな創造性を凝らした結晶といえます。
これらのコレクションはひと目でそれとわかる個性を放ち、一貫したアイデンティティを感じさせる特徴を持っています。サファイアガラスバックを備えたラージケース、大きめのリューズ、独特なデザインのローマンインデックス、トリプルラグのストラップアタッチメント、ケルト十字架モチーフのトゥールビヨンキャリッジなどは、どれもがロジェ・デュブイ独自のシグネチャーとして有名です。
卓越した時計を彩るこうした特徴は、いついかなる時でも感性を刺激する魅力に満ちています。

クオリティ

ムーブメントの構想の時点から貫かれる強いこだわり

創造性と厳密さは、ロジェ・デュブイが掲げる根本的な、そして切り離すことのできないふたつの核です。
それを実現するため、クオリティ、信頼性、パフォーマンスといった3つの要素へのこだわりが、腕時計の構想から完成品の納品に至るまでの全製造段階で中心に据えられています。

最初のスケッチが生まれた段階から、デザイナー、技術者、時計職人は、ロジェ・デュブイのタイムピースが長期間にわたって最高の信頼性を発揮できるよう、素材を選び、部品を作り、製造の手段を決めていきます。

開発チームは、デザインの全行程を通し、フォルムと機能を完璧に適合させることにより、彼らの目標を達成します。

そして、独立系の研究機関によって、選択された技術的手法の有効性について、承認手続きが行われます。その後、ロジェ・デュブイの遺伝子を形成する、豊かで類稀な個性を尊重しながら、確かなパフォーマンスと信頼性を併せ持つ、優れたタイムピースのみが製造の段階に進みます。

テスト、点検、認定

完璧への法則

マニュファクチュール・ロジェ・デュブイが、そのムーブメントの全部品を自社内で製造することを決めたのは、品質を完全に掌握しながら、その豊かな創造性を十分に発揮させるためです。

こうして全部品 ― 機械式ムーブメントの中にはその部品数が600にも上るものもある ― が、製造のあらゆる段階で寸法やデザイン面において点検を受けています。

機械により製造され、手作業により仕上げられているこれらの部品の機能的な許容誤差は、多くの場合ミクロン単位です。マニュファクチュールの優れた技術力を支える時計技師たちに組み立てられた後、ロジェ・デュブイの各機械式ムーブメントには、精度、機能の調整に焦点を当てた1週間にわたるテストが課され、さらに、クロノメーター(COSC)の認定を受けるため、独立機関であるクロノメーター検定協会による2週間におよぶテストを受けます。

マニュファクチュールに戻った認定済みのムーブメントはケーシングされ、社内で新たに2週間の検査が課されます。この期間を終了して初めて、タイムピースはジュネーブ・シールの認定を個々に受けるため、1週間にわたる最後の検査を受けることになります。

部品の製造からジュネーブ・シールの取得まで、ロジェ・デュブイの腕時計ひとつが誕生するのに約7ヶ月が必要とされます。各段階で課された高い要求をひとつひとつこなし、そのこだわりに見合う完璧な腕時計が生まれるのです。