ロジェ・デュブイ
ケア&メンテナンス

ロジェ・デュブイのウォッチは美しいクリエーションです。その美しさと技術的精度を次世代まで保つため、特別なケアと注意を必要とします。

お買上げのタイムピースのキャリバーのユーザーガイドをダウンロードしてください。

巻き上げ

機械式の手巻きと自動巻きのタイムピースは、潤滑油が乾かないよう少なくとも月に一度は巻き上げなくてはなりません。 タイムピースを使わなかったために止まってしまった時は、リューズを少なくとも30回回して巻き上げてください。 自動巻きのタイムピースは、1日に10時間以上着けると自動的に完全に巻き上がります。 手巻きのタイムピースは毎日同じ時刻に巻き上げてパワーリザーブを最大にしておくと、最大の機能を維持します。 リューズは抵抗を感じるところまできたら、それ以上無理に巻き上げないでください。 水を使う場所では、水がメカニズムに入らないようリューズがしっかりとネジ込まれているか押し込まれていることを確認してください。

防水性

ロジェ・デュブイのタイムピースは防水性を保つため安全パッキンが組み込まれています。 パッキンは経時変化したり摩擦や衝撃、化粧品などにより劣化することがあります。 ロジェ・デュブイのタイムピースのガラスの内側に曇りが現れたら、防水性が損なわれているということです。 2年毎に認可サービスセンターで防水性を点検してもらうことをお勧めします。夏休みなど頻繁に使用する時期は特にご注意ください。

クリーニング

タイムピースを傷める恐れがあるため、化学洗剤は使わないでください。 化学洗剤がついてしまったら、柔らかいブラシを使いながら、水でよく洗います。マイクロファイバー布でよく拭き取ります。 石セットのタイムピースの場合は石がしっかりと留まっていることを常にチェックしてください。

耐磁

日常生活の中で私たちは磁場に囲まれています。磁力のある物質が鉄を含む物体を引きつけたり反発したりするマグネットの目に見えない力が働いています。 このような磁場は今日のテクノロジーの中で多く使われています。 ですからタイムピースをマグネットやスピーカー、携帯電話、冷蔵庫のドアなどの近くに置かないようにしてください。磁力のため、ムーブメントに損傷はなくても時計が進んだり止まったりします。 このようなことが起こったら、認可サービスセンターで耐磁除去のサービスを受けてください。

衝撃

ロジェ・デュブイのタイムピースは頻繁な使用に耐えるよう作られています。 ただし落としたり、硬い表面に打ちつけられたりすることがないようご注意ください。ケースやムーブメントを傷めることがあります。 タイムピースとジュエリーは傷がつかないよう、一緒に着けること、保管することを避けてください。

アリゲーターとレザーストラップ

レザーは天然の生きた素材です。 水との接触は避けてください。高湿度にさらすとレザーが変形、変色する場合があります。 直射日光に長時間さらすと、色があせたり品質が損なわれることがあります。 レザーはしみやすい素材で、化粧品や油性物質の付着によってシミが付く場合があります。 ストラップが変形しても、糊をつけないでください。ラグのバーやラグのネジを傷めます。 レザーストラップは12か月毎に交換することをお勧めします。

ラバーストラップ

ロジェ・デュブイのストラップは、ロジェ・デュブイ ウォッチを身に着ける喜びをさらに大きなものにしてくれます。研究しつくされたエルゴノミー、耐久性、信頼性、使いやすさ、デザインの全てがタイムピースの性格そのものと一体になっています。

エクスカリバー スパイダーのラインではQRS(クイックリリースシステム)により、ストラップとバックルは数秒で交換ができます。また代替ストラップをお選びいただくこともでき、これはロジェ・デュブイ ブティック、または当社のパートナーであるRubber Bのサイトでオンラインで購入していただくことができます。

メタルブレスレット

スティールはすり傷や打撲によるへこみがつきやすい素材です。 リンクアタッチメントは時が経つにつれ緩んでくることがあります。 ゴールドブレスレットは傷やへこみがつきやすく外観が変化します。 ですからタイムピースとジュエリーは別に保管することをお勧めします。 メタルブレスレットは柔らかいブラシを使い、せっけん水で洗います。 化学洗剤はメタルブレスレットを傷めることがあるため、使わないでください。

このウォッチをシェアする
このニュースをシェアする
ひんぱんな検索
コンシエルジュに連絡する
コールバックをもらう
ご来店予約
ブティックを探す
qrcode