リスポンシブル・ジュエリー・カウンシルの認証メンバー

RJC(The Responsible Jewellery Council:責任ある宝石委員会)は、2005年設立の非営利団体です。

その使命はサプライチェーンの全体を通じて人権に配慮し、責任ある、倫理的、社会的、環境を考慮した行動を促進することにあります。この枠組みはジュエリーと時計に適用され、特にゴールド、シルバー、プラチナ系の金属、ダイヤモンド、カラージェムストーンを対象とし、採掘からリテールまで全てのステップに及んでいます。

これを実現するため、私たちは当社の私たちの企業方針 サプライチェーンポリシーに準拠し、プラクティスコード(実施規範)に記載された原則を適用し、年次報告書でこの義務実施の成果を報告します。

ロジェ・デュブイはRJC機構の1200のメンバー企業の一つで、2014年に認証を受けました。

Roger Dubuis our commitment balance spring detail

環境と社会的責任へのコミットメント

ロジェ・デュブイは長期的ビジョンに基づいた企業責任を実行します。お客様に驚くべきクリエーションを提供し、これらのクリエーションは希少な素晴らしいものであるだけでなくその製造に倫理的、社会的、環境的な責任を持つことを義務としてます。責任ある行動をとり、それを日々の仕事の中で実現し、お客様の期待に応え、高い競合力を目指します。従業員に快適な環境を提供し、パートナー企業とコミュニティを大切にし、環境問題に配慮し、長期的なビジョンで企業の存続と成功を目指します。

シェアする行動規範

ロジェ・デュブイは業務において、誠実で信頼されるビジネスを行うことを約束します。そのために、サプライヤーにも私たちとのビジネスにおける規則を定めた行動規範を遵守していただくことを求めます。当社とパートナー(サプライヤー、契約者、戦略的パートナー)との関係は、私たちの商品とサービスの質に良い影響をもたらす誠実で互恵的、公正な取引行動に基づいています。リシュモングループのメンバーである当社はリシュモンCSR年次報告書を通して広報を行っています。

Roger Dubuis our commitment diamond bezel detail

ロジェ・デュブイとキンバリープロセス認証システム

キンバリープロセスは軍事行動の資金を得る⎡紛争ダイヤモンド⎦の使用を避けるためのダイヤモンド原石の国際認証の枠組みです。PKシステムの認証は世界80カ国で国内法に取り入れられており法的拘束力があります。これらの国の製造者、加工者、輸出入者はダイヤモンドが紛争と無関係であることを証明する政府の発行したキンバリー証明書なしでは取引ができません。ロジェ・デュブイはこの枠組みを尊重する業者とのみ取引し、正当なルートのダイヤモンドのみを使用しています。

IOSWとのパートナーシップ

ラグジュアリーウォッチの人気が高まり、資格を持った技術者の養成が必要となっています。この需要に応えるためリシュモンは2008年に Institute of Swiss Watchmaking (IOSW)を設立しました。時計の仕事に高いモチベーションを持ち専門的なキャリアを築こうとする人々のための専門養成コースです。ロジェ・デュブイはIOSWと提携し、技術者養成ポリシーを積極的に進めています。目標は高級ウォッチ製造のノウハウと熟練を身につけたスタッフを世界規模で養成し維持しつつ、お客様に質の高いサービスを提供することです。

Roger Dubuis our commitment alligator strap detail

レザーストラップ

ロジェ・デュブイは熱帯動物のレザーをレザーストラップに使用しています。これらは絶滅の危機にある動植物の種に関する国際協約(CITES)により取引が規制されています。この協約の目的は、 野生動物と植物の取引がその種の絶滅の危機を招くことがないよう規制することで、そのために証明書のシステムが設けられています。レザーの輸出、輸入、再輸出の際には、最初の輸出国が発行した証明書が添付されていなければなりません。ロジェ・デュブイではこの協約はアリゲーターストラップに適用されています。